2018年01月01日

オーディエンス

フェイスブック広告を出すにあたって、類似オーディエンスというのが必要になってきます。
たくさん必要ですが、たくさん持ってる人は問題ないですね。。
(けっこう大変でしたっけ。。)

Facebook類似オーディエンスを作成するには、
類似オーディエンスを作成するFacebookページまたはピクセルの管理者であることが必要です。

カスタムオーディエンスから類似オーディエンスを作成する場合、
そのカスタムオーディエンスはあなたが作成したものでなければなりません。

モバイルアプリのインストールデータから類似オーディエンスを作成するには、
そのアプリの管理者または開発者の役割を持っている必要があります。

ということで、やってみるか!、、、
となったのですが、ちゃんとした人の指導の下で行った方がいいと言われ、
ただいま保留中。。。

いつになったら出来るのだ。

なにごともすぐにハッキリさせたい性格で困る。
もう少し、のんびりムードでいこうぜ!(って、自分に言ってます)

2017年12月01日

旅行代金

ちょっとびっくりしたのですが、誰か(友達とか)と旅行に行くときに、
片方がお金を立て替えて払う事があるんですねー。
別じゃないと揉めるでしょう。

あんのじょう、揉めたような話がいくつか出てきました。
建て替えたお金をなかなかはらわない、というのが多くて、
結局は払ってもらった、とか、いつまでも払わないから腹がたってキャンセルした、とかでした。

あとは、旅先でブランドものの高級なバッグを頼まれて買っていったのに、
その代金を払ってくれないとか。
あんぐりです。、
こんな人っているんですねー、しかもたくさん。

考えられないです、友達っていえるものじゃないと思う。

もう、まずはそういうことは頼まれてはいけないのだ。
お金の貸し借りは絶対してはダメ。
いい勉強したと思って、お金は諦めて友達との縁を切ることですね。

旅行代金、ってなあくらいだから一緒に旅行するんpでしょうけど、
そんなんで楽しめるとは思えない。
きっぱりやめることですな。

2017年11月01日

エリザベス

クイーンといえば、今のクイーン・エリザベス二世ですが、
もちろんエリザベス一世がいてこそ、彼女は二世なのだ。

いぎりす、(厳密にはイングランド王国)のテューダー王朝のメアリ1世の次に王位についた女王(在位1558~1603年)。
父はヘンリ8世、母はアン=ブーリン。

アン=ブーリンは彼女を生んだ後、姦通罪で処刑されています。
このお話もすごいです。
ぜひ映画を見て欲しい。

メアリ1世の親スペイン政策に不満を強めていたイギリス国民の心をつかんで、
宗教問題の解決を進め、国民的な統合を再現して、
テューダー朝絶対王政を確立しました。

彼女は生涯結婚することなく、「わたしはイギリスと結婚した」と自ら言っているように
政治に一生を捧げたところから「処女王」といわれて人気が高く、
後の人びとからイギリスの繁栄した時代ととらえられていました。

彼女は結婚しなかったので王位継承者はスコットランドの王家ステュアート家から迎えることとなり、
テューダー朝は終わりをとげたのですね。

イギリスの歴史っておもしろいです。
スキャンダルだらけ。あは。

今もエリザベスって名前は一般の人にも多くて、響きがいいですね。

エリザベス、べス、って呼ばれたらなんだか誇り高い感じがして、
ちょっと鼻を高くしちゃったりなんかして。

2017年10月01日

朗読者

映画「朗読者」(だったっけ?、、、原作の名前?これ?)を見ました。
あ、「愛を読む人」でしたーーー。

さておき(笑)、この映画を読んでから原作を読んでみたのですが、
これ、奥が深いんです。
ドイツの戦争のこともからんでいて、そこまで調べておかないと難しい。
まー映画ってそういうものですけどね。

5歳の少年と36歳の女性との愛の物語から、場面は暗転して、女性が第二次大戦時、
ナチ・ドイツの親衛隊隊員であり、
当時の罪を裁かれるという思いも寄らない別の物語が展開することに驚かされ、
映画は映画として、原作ではどのように描かれているのか、
また映画が原作にどれほど忠実であるか知りたくなったので
本を買って読んでみたわけだけど。

そうするとまた映画が見たくなってしまう。
DVDを買ったから何度でも見れるけど、じかんがなーい。

本なら、持っていたらちょっとした時間で読めるので、
もうすっかり読んでしまったものだけどいつでも読めるように持参しています。

大人になったミカエルは、ハナと偶然再会するのですが、
ハナは実は傍聴席に「坊や」がいたことを知っていたようなのも、
なんだか泣けるところ。

描写がすごいんだよね、この原作。
絶対読んでほしい、すごくいい本、そして映画です!

2017年09月01日

病気が分かる時

なにかの検査でひっかっかって病気が分かる時があります。
調子が悪くて医者にいったら病気だってことが分かったとか。

でも、アスペルガーの人はどうして自分がそうだって分かったのでしょう。
今は情報社会ですから、なにか自分はおかしいのではないかって思ったときに
そのヒントがあれば「そうかも」って思うのでしょうけど、
なかなか自分がそんな障害をもってるなんてわかるものじゃない気がします。

発達障害の難しいところは、外から見てわからない事。
本人の自覚も薄いので、妻がいくら訴えても一方通行。
しかも、このやり取りは家庭と言う閉鎖空間の中での出来事なので、なかなか外部に人に伝わりづらいのだと有名な著書の野波さんも話していました。

分かればまだいいです。
認めないだけでがをはって、ずっと周りに迷惑かけっぱなしの人もいますね。

自分のことを知るいいチャンスだから、そんな気配はなくても
国民全員がこの検査を受けられるようになったらいいのに。
無理だけど(笑)。
あなたは大丈夫ですか?
まわりに迷惑かけてませんかーー?
検査しましょうね。

2017年08月01日

それってどこ?

よく、イギリスの有名どころで「トラファルガー広場」って言われますが、
なにやらそんなところはあるけど、行っても「で、結局どこがそれなの?」って感じでした。

でもやはり有名で、
広場でひときわ目立つのが中央に立つネルソン提督記念塔のことですね。

台座のライオン像はヴィクトリア女王のお気に入りの動物彫刻家サー・エドウィン・ランドシーアの作品です。
広場中央の高さ50mの塔は、
海戦で勝利を収めながら戦死を遂げた英雄ネルソンを記念して建立されました。
この広場は現在でも政治演説や何らかの集会が行われて、
年間3000万人超の観光客が訪れる場所だそうで。

広場から南西に延びている通りザ・マルを歩くと、バッキンガム宮殿に出られ。
こっちなら分かる!
それに、「どこがそれ?」にはならない。
あまりにも有名すぎて恐れ多い漢字すらします。
クイーンが出てきたら楽しいけど、クイーンがいらっしゃるときは警備もすごいのですぐに分かる。

トラファルガー広場も、今度行ったら写真を撮ろうと思います。
「ざ・トラファルガー!」ってなところでね。
それで分かったらあなたはすごいです。

2017年07月01日

資格を生かす

資格をせっかく持っているのにそれを生かし切れていない、って人、います。
ヨガの先生なんていい例かもです。
ヨガの先生って、あんがいすぐになれてしまうのですが(失礼!)、そこから先がうまくいかないのですよね。
スタジオを持つっていっても簡単じゃないし。
そんな人のためのセミナーも出来ています。
最近みたのでは、有名な(?)人のセミナーでした。

その講座の考え方はとてもシンプル。
ヨガの学びとは、自分の内側へ向かうもの、すなわち〝インプット〟
しかし〝ヨガ指導〟や〝ヨガを仕事にする〟という事は、
内に向かうインプット(学び)を継続しながら、今度は学んだ知識を外に出し、
相手に伝えていく行為〝アウトプット〟なのです。。
その双方向のベクトル(ヨガの学び、ヨガの指導)は同じ
〝ヨガ〟に関する行為なのに、実は似て非なる行為。
すでにこの業界には素晴らしいヨガの学び場があり、
誰でも好きな時に、好きな事を学べます。

私はインターネットビジネスをしているので、こういう話を聞くのが大好きです。
なかなか参加はできないけど、参考のために行きたい気持ちはあるんですー。

資格も持ってるのに生かせてない、そのひとりですね、自分も。
なんとかしなくっちゃ!

2017年06月01日

妊娠線

妊娠するとできやすい妊娠線。
できてしまったらどうしようもないのかなー。
クリームでケアするといいらしいけど、どんなクリームでどうやって?ってところですよね。

妊娠線のできる原因は大きく分けると2つあります。
まずは皮膚の急激な伸び。
妊娠中は体重も増加し、ヒップやバスト、そしてお腹も大きくなります。
皮膚の表面は一緒に伸びることができますが、
その下にある真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン、
弾性線維は急激な伸びについていけません。

妊娠線のケアはお腹が大きくなり始めるころからスタートさせたほうがいいのですが、
臨月に入っても忘れずにケアを続けるといいみたいです。

出産前の一週間は妊娠線が最もできやすくて、
特に自分では見えないお腹の下側にできてしまう人が多いようです。

しっかりケアしていたはずの妊娠線が、出産後に現われた!ということがないように、
最後までケアをおこたらず、
下側などの見えにくいところのお手入れもしっかり行ないましょうねー。

出来てしまっても、それはお子さんが出来た勲章ですよ!

2017年05月01日

あほちゃうか。

とある人と仕事の話をしました。
初対面だったし、なにかとたくさん話をしてからでないと進まないと思いますが、
なんとその人、契約書を交わして欲しいというのです。
それは・・・・・こちらも同じ意見ではありますが、契約書ありきの仕事の進め方をしてないし、
最初にあった時の話ではそんなことはなく、
信用問題ですのでね、
きっぱりと!!!お断りしました。

契約書のお断りではなくて、仕事を一緒にすることをお断りしました。
切るの早いんです、なめんなよ!

いろんな人がいますねー、自分の利益ばかり追う感じ?
嫌だ嫌だ。

契約書はかわせるけど、まずは信頼関係を築こうよー、なに考えてるの?
一回あっただけで、まったく!

という、ちょっと怒りのある出来事でした。
でもこのあとは落ち着いて、ちゃんと普段の生活に戻っています、ご安心を(笑)、誰も心配してないと思うけどー。

とにかく、一緒にやっていったとしたらストレスたまる相手だと思ったのでよかったです。
すっきり!!

2017年04月01日

ホームページの引っ越し

ホームページを引っ越したいと思っていて、どうやったら簡単かなー、なんて調べています。
簡単な方法はないのですが(!)、なんとかそれでも、、、と思い。

前のデータをそっくりそのまま使いたいのに、そっくりそのままコピーできるものでもなさそうで、
えーー、では最初から打ち込むの??って感じです。
これは時間がかかりそうだ。
URLも変えたくないし、、、と悩みはたくさんあります。
こういうのをすべてやってくれる会社もあるようですが、もちろんお金がかかるわけです。
なんとか自分でやりたいです、ようするにお金がなーい。

時間かけて頑張るしかないのです。
体力も必要?

以前、寝ないで頑張って身体を壊したことありますからね、今度は慎重にしたい。
倒れたら元も子もないですからね。

ホームページ作りって骨が折れますわ。誰か助けてーー。
あ、お金は出せませんよーー。(それじゃねー???)

ホームページの引っ越しなんて考えなかったらよかったのだ。
でももう遅い、やるとなったらやるぞーー。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38